年中無休!点検・調査・お見積りご相談無料!

[24時間受付中]LINEで相談する [電話対応時間] 9:00~18:00 0120-000-000

東大和市で足場工事から
自社施工の外壁塗装工事

多くのリフォーム会社では足場工事は外注するのが一般的です。しかし弊社では、足場に必要な資材、足場を組む専門の職人を保有しています。つまり足場工事の自社施工を行うことができます。自社施工を行うことができることから、弊社では足場工事に関わる費用を大幅にカットすることが可能となります。また、東大和市で足場工事を行う業者さんを探す手間がいらず、業者さん側と予定を調整することなく始めることが出来るのです。さらに、進行を自社で管理するからこそ、全体の流れがスムーズになります。以上の理由により、一般的なリフォーム会社の外壁塗装に比べ、弊社では安価かつ短期で外壁塗装を行うことができるというわけです。

東大和市No.1の
ドローン調査

弊社では腕利きのドローン操縦士がいるからこそ、安全性や作業精度が高い点検ができます。屋根に登る必要がなく、安全です。ドローンは基本的にどんな高さでも水平かつ迅速に撮影することができます。お客様と一緒にモニターを確認いただきながら調査できることが一番のメリットです。
その上で、ドローンを必要な高さや場所まで移動させたり、滞空させたり、必要な角度や距離で撮影したりするにはもちろん操縦の技術が要る専門家による操縦です。ドローンでの点検・調査料は無料です。誠心誠意、一つ一つ東大和市のお住まい調査をして参ります。

東大和市は車で1時間以内
すぐに駆けつけ

弊社は東京都西多摩郡にあるからこそ、東大和市のお住まいに駆けつけるのにそう時間はかかりません。もし台風や雷雨、豪雪などによる緊急の雨漏り補修や外れてしまった雨樋補修、地震などによるブロック塀損壊や駐車場の地盤沈下といったエクステリア補修がお入り用になった際はお呼びいただければ迅速に駆けつけさせていただきます。自然災害や突然の事故が生じた場合以外でも、自然災害への備えとして屋根や外壁の損壊などのご心配があれば調査・点検という形で少しでも早くお伺いいたします。調査・点検に際しても、ドローンを用いての無料調査もございます。その他補修サービスもございますのでどうぞご検討ください。

東大和市でお住まいのことなら
多様なリフォームに対応

紬ホームは外壁塗装・屋根塗装のリフォームをはじめ、内装リフォーム、バス、トイレなどの水回りリフォーム、雨漏り補修など幅広い工事に対応しています。いつ起こるかわからないお家のトラブルやお困りごとに幅広くお応えできます。
また、技術者だけでなく、お客様のお問い合わせ担当に女性スタッフを起用するなど、ご相談いただきやすい体制づくりを心掛けています。

東大和市の地域の特徴

東大和市は東京都の北部に位置し、北部は埼玉県と隣接しています。 北部一帯は丘陵地となっており、東京都の重要な水源の一つである多摩湖があります。 多摩湖は「ダム湖百選」に選ばれ、四季を通じて美しい自然が楽しめます。 北部から中央部にかけて緩やかな傾斜となっており、中央部からは南部まではほぼ平坦で、北部を除いた市域全体に住宅地が広がり、都心のベッドタウンを形成しています。 鉄道は東部に西武多摩湖線、南部に西武拝島線がいずれも境界付近を通っており、西部には多摩モノレールが芋窪街道沿いに走って玉川上水駅と連絡しています。

東大和市の住みやすさへの施策

東大和市はほとんどのジャンルの店や施設があり、物価も安いと言われています。東大和市は個人院含め病院が多数存在し、薬局や大型スーパー、ショッピングモールなどもあることから、日常生活をコンパクトに済ませたいと思う方には大変住みやすいエリアと言われています。都会すぎず、田舎すぎないからこその穏やかな雰囲気を堪能したいという方には大きな魅力です。

東大和市の商業施設

東大和市の特徴はなんといっても、ザ・マーケットプレイスやイトーヨーカドーといった大型商業施設が隣り合って建っていることであり、ショッピングを楽しもうという点では大きなリードがあるエリアです。マーケットプレイスの中には大型スーパーマーケットだけでなく、ユニクロやセリア、サイゼリヤやサンマルクカフェといった日常生活品から飲食まで楽しめるだけでなく、ニトリデコホームといったインテリアを充実させる店舗もそろっています。

東大和市の街の施策

東大和市は子育ての面では学校教育や生涯教育の充実を目指しており、市民文化の振興も志ているとのことです。一方で健康で暖かい心の通い合うまちづくりも目指しているため、保険・医療の充実にはじまり、高齢者保険福祉や障害者福祉、児童福祉の推進もしていると言われています。暮らしを充実させる以上は雇用の面でも活気があってこそ、ということで雇用の創出や消費生活の充実も積極的に進めているとのことです。