年中無休!点検・調査・お見積りご相談無料!

[24時間受付中]LINEで相談する [電話対応時間] 9:00~18:00 0120-000-000

屋根補修:西多摩郡日の出町の施工事例

お知らせ外構エクステリア施工事例

Befor
After

経年劣化したスレート

経年劣化したスレート

経年劣化したスレートの拡大

施工箇所

【日の出町の屋根補修:施工箇所について】

今回お伺いしたのは、日の出町のお客様。築年数は15年ほどで、屋根材にはパミールを使用されていました。

このパミールという屋根材は、大手の外装建材メーカーであるニチハが製造していたものですが、ひび割れや剥がれなどの不具合が多く見つかっており、現在は製造が中止に。時間の経過とともに、屋根材がぱりぱりと剥がれていくため、その隙間から雨水がしみ込むなどの問題が多数報告されてきました。

こちらのお宅でも屋根の経年劣化が進んでおり、スレートが反り返ったりボロボロになったりする結果に。幸いにもまだ雨漏りは起きていない状態でしたので、施工を行います。

【日の出町の屋根補修:施工方法について】

実施したのは、既存の屋根の上から新しい屋根材を被せるカバー工法という施工方法です。 防水シートを敷き、屋根材をその上に載せていきます。屋根材の軒板の箇所に腐食が見られなかったこと、しかし屋根材は塗装でどうにかできる状態でなかったことから、カバー工法を選びました。

カバー工法は屋根材の撤去費や処分費用がかからないため、お手ごろな価格で補修ができます。その結果、リーズナブルな価格で屋根材の一新が叶いました。

【ハウスメーカーの施工費用が高い理由】

ハウスメーカーの施工は料金が高い傾向にあります。その理由は、工事に関わる人数が多いから。ハウスメーカーは営業担当者や外注の職人などの人件費のほか、事務経費や広告費などもかかってしまいます。その結果、施工費が高くなるのです。

一方、私たち紬ホームは、職人も自社の社員です。余計な外注費も発生せず一貫した作業ができるため、高品質・低価格の施工が叶います。

【屋根補修の業者選びで注意したいポイント】

屋根補修の業者の中では、見積もりの段階で屋根に登ってしまうケースも少なくありません。下から写真を撮るなど、屋根に登らなくても確認はできるため、発注するまでは屋根に登らせないようにしましょう。

弊社では施工内容を決定する前に、ドローンを使った建物の事前調査を実施しています。ドローンを使用すれば、屋根の細かい状況まで、お客様と一緒に確認できるので非常に有効的です。ドローン調査は無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

使用材料

【日の出町の屋根補修:使用材料について】

使った材料は、ガルバリウム鋼板。このガルバリウム鋼板は、ガルバニウムという合金でメッキされた鉄のことで、屋根材として非常にポピュラーで使用頻度の高い建材です。

ウレタンフォームという断熱材が入っており、断熱性や遮音性にも優れています。そのため、雨音なども吸収可能です。

今回は、元々の屋根がスレート屋根のため、室内温度が高くなる傾向にありました。しかし、屋根材にガルバリウム鋼板を使用することで夏の炎天下に2 〜3℃ほど和らげる効果が期待できます。

このような施工を行ったことにより、30年以上は安心して暮らせるようになりました。

【日の出町で屋根補修工事を検討中なら…】

日の出町で屋根補修工事を検証しているなら、高品質・低価格が実現する紬ホームにお任せください!お客様にご満足いただけるよう最適な補修プランをご提案いたします。

些細な疑問でも構いません。皆様のお問い合わせ・ご相談を社員一同心よりお待ちしております。