年中無休!点検・調査・お見積りご相談無料!

[24時間受付中]LINEで相談する [電話対応時間] 9:00~18:00 0120-000-000

外壁塗装の効果とは?日の出町のリフォーム会社・紬ホームが解説!

コラム外壁補修最新情報

東京都西多摩郡日の出町から、足場工事まで自社施工で行う「外壁塗装・屋根塗装」を提供している紬ホームです。

外壁塗装をご検討中の方の中には、「塗装の効果は?」「今やる必要はない?」など疑問に思う人が多いのではないでしょうか。

外壁塗装の効果は、見た目をきれいにするだけではありません。

お家を長持ちさせることにもつながるので、「今は必要ない」と先延ばしせず、早めの外壁塗装がおすすめです。

 

このコラムでは、外壁塗装のメリットや工事の流れなどを詳しくご説明します。塗装のタイミングのチェックリストもあるので、是非ご一読ください。

外壁塗装とは

外壁塗装とは、お家の外壁を塗り替える工事のこと。

 

外壁を塗り替えることで、「見た目がきれいになる」「耐久性がアップする」効果があります。

外壁塗装のタイミングは、築10年が目安です。

建物は紫外線や雨風といったダメージにさらされているため、築年数が経つと外壁が傷んでしまいます。

劣化を放置していると建物内に雨水が侵入し、大規模工事が必要になるので注意が必要です。

費用を安く抑え、大事なお家を長く持たせるためにも、早い段階で外壁塗装をご検討ください。

外壁塗装のメリット

外壁塗装のメリットとして、「美観の維持」「ひび割れの防止」「強度を保つ」ことが挙げられます。

1.美観の維持

築年数が経つと、外壁はコケやカビが生えたり汚れがつきやすくなったりするもの。

外壁塗装すれば、お家を新築のように生まれ変わらせることができます!

耐用年数は塗料によって異なりますが、新築同様に戻してから7~25年は美観を保てるのが一般的です。

高い塗料のほうが安い塗料より長く持つため、メンテナンス工事の回数も少なく結果的にコストを安く抑えられます。

2.ひび割れの防止

塗料を塗り替えることで外壁材・屋根材を保護し、ひび割れを防ぐことが可能です。

塗料の耐用年数が過ぎて効き目がなくなれば、外壁材も屋根材も水を吸い放題になってしまいます。

水を吸えば外壁が脆くなり、地震が起きた際も影響を受けやすくなり注意が必要です。

外壁塗装でメンテナンスすれば、塗料が外壁を保護して雨水の侵入を防ぐことができます。

お家の耐久性もアップするので、寿命を延ばすことにつながるでしょう。

3.強度を保つ

外壁塗装することで、建物の強度を回復できるのもメリットの一つです。

外壁材が水を一回吸い込むと、繊維質が離れてスカスカになり、築年数が経つほど脆くなってしまいます。

劣化した部分から雨水が入り、建物の基礎部分に影響すれば地震の際に倒壊する恐れも。

 

外壁塗装では、スカスカになった繊維の隙間に下塗り剤を染みこませるなどして、建物の強度を保ったうえで防水の塗料を塗ります。

地震対策にもつながるので、劣化を見つけたら早めの外壁塗装をご検討ください。

外壁塗装のタイミング

外壁に傷みが見られたときは、塗り替えのタイミングです。

劣化が進み塗料の防水効果が切れてしまうと、雨が降る度に外壁が傷んでしまいます。

お家の外壁が劣化しているかどうか、下記ポイントをチェックしてみましょう。

1.外壁が色褪せている

紫外線の影響を受けると、塗膜が色褪せてしまいます。

色褪せが進むと塗料の防水機能が落ちていくので、早めの塗り替えが必要です。

2.触ると手に色が付く

外壁を触ると手に色が付く状態を、チョーキングといいます。

手に薄く色がつく場合とハッキリつく場合がありますが、後者の場合は劣化が進んでいるといえるでしょう。

放置するとひび割れなど新たな症状につながる恐れがあり、早めの対処がオススメです。

3.コケ、カビが生えている

塗料の防水機能が落ちていると、外壁にコケやカビが生えることがあります。

コケは外壁を湿らせ劣化を進行させる原因になるので、見過ごさないよう注意が必要です。

カビの胞子を含んだ空気を吸い続けることで、人によってはアレルギーを発症する恐れもあります。

家の外壁を自分できれいにするのは難しいので、プロに頼んでメンテナンスしてもらうのがオススメです。

4.外壁材にヒビが入っている

ひび割れを放置すると雨水が中に入りやすくなるので、早めの対処が必要です。

ひび割れの原因としては、塗膜の劣化や施工業者による施工不備などが考えられます。

幅0.3mm未満のヒビの場合、外壁表面のひび割れのためすぐに慌てる心配はありません。

ただし、幅0.3mm以上に進行すると建物の中から割れている恐れがあるため、早めの点検が大切です。

5.外壁材が反っている

外壁材の反りは、塗装の防水効果が切れたサインです。

防水が切れると外壁は水を吸い放題になるので、水を吸った分膨張してしまいます。

「膨張→乾燥→収縮」すると、日光が当たる表面に引っ張られ浮きや反りが起きるのです。

反りを放置すると雨漏りにつながるので、早めにメンテナンスを頼むと良いでしょう。

6.コーキングが痩せて隙間が見えてしまっている

コーキング(外壁の繋ぎ目部分の目地)に痩せや隙間が見える場合、劣化が進んでいるサインです。

痩せや隙間があると防水機能が落ち、雨漏りや腐食を起こすリスクが高くなります。

コーキングのメンテナンス方法は、「打ち替え」か「増し打ち」の2つです。

「打ち替え」では古いコーキングを除去して新しいコーキングを注入しますが、「増し打ち」では古いコーキングの上から新しいコーキングを注入して対処します。

7.築10年残後、またはそれ以上の年数メンテナンスしていない方

外壁塗装のタイミングは築10年が目安です。

外壁は紫外線や雨風、地震の揺れなど影響を受けるため、ダメージが蓄積されています。

塗料の耐用年数が10年前後の場合、10年というタイミングで防水効果が失われてしまうこともあるでしょう。

メンテナンスせず外壁を放置し続けると、表面だけでなく建物内部まで劣化が進行してしまいます。

先送りするとかえって工事費用が高額になるので、劣化が少ないうちに外壁塗装するのがオススメです。

外壁塗装の施工可否基準

外壁塗装はほとんどの屋根・外壁で施工可能です。

ただし、屋根材が変形したりサイディングの変形が大きかったりすると、外壁塗装で元の形に戻すことはできません。

割れたものに塗装すると、ひび割れの跡が残ってしまいます。

モルタルであればひび割れが目立たない塗装ができますが、その分費用が高くなるので覚えておきましょう。

 

施工できないのは、塗装できる面が劣化し過ぎてスラリー層の剥離が起きている場合です。

この場合は補修してから塗装になるので、費用が高くなってしまいます。

また、「サビ過ぎている」「サビの穴がある」「触れば崩れるほど劣化している」場合も外壁塗装できません。

 

劣化を放置すれば放置するほど、補修してから塗装になる可能性が高いです。何とか塗装できても、表面がでこぼこしてきれいにならない場合もあります。

補修が必要になると費用が高額になりますし、職人一人が動くと人件費が2~3万円はかかってしまいます。

2日かかると人件費も2倍かかるので、早めの施工が大切です。

ひび割れなど外壁の劣化を見つけたときは放置せず、早めに施工依頼すると良いでしょう。

外壁塗装の事例と効果

ここでは、弊社の外壁塗装の事例を見ていきます。

こちらは木造2階建てのお家です。色褪せや雨だれなど劣化が気になる状態でした。

【Before】

【After】

外壁・屋根を塗りなおした結果、新築のようにお家が生まれ変わりました!

耐白亜化性・雨筋汚れ防止・長期の光沢耐候がある塗料「セミフロンスーパーマイルド2」を使用しているため、きれいな状態を長く保つことができます。

外壁塗装の手順

実際の外壁塗装の手順を見ていきましょう。

1.現地調査

まずは現地調査で外壁の状態や周囲の環境を把握します。

弊社はドローンによる調査を行っているため、お客様に直接屋根の状況を確認してもらうことが可能です。

屋根の状況とお客様のご要望をもとに、最適な工法を決定し施工に入ります。

2.足場の組み立て、外壁洗浄、養生

足場を立てたら点検し、高圧洗浄で外壁の汚れをきれいに落とします。

苔がひどい場合はバイオ洗浄しますが、プラス料金がかかることはありません。

洗浄したあとは、塗料が飛散しないよう養生カバーをかけます。

弊社では、お隣との距離が近いお家の場合、お隣に伺って養生カバーをかけさせてもらうこともあります。

3.シーリング工事

養生カバーをかけたら、シーリング工事(コーキング)に入ります。

シーリング工事とは、建物の隙間をしっかり埋めて防水性・気密性を高める工事です。

補修場所の修正やサイディングの目地交換などをして、水を通す隙間を塞いでいきます。

シーリング工事が終わったら、いよいよ塗装に入る段階です。

4.塗装

塗装は「下塗り→中塗り→上塗り」と3回塗るのが一般的です。

外壁の傷み具合によって作業回数が増えるため、痛みがひどい場合は下塗りを2、3回やることもあります。

外壁と屋根を塗装したら、雨樋・軒天井・破風・シャッターボックス・雨戸といった付帯部塗装に入ります。窓とアルミ以外の製品は付帯部塗装するのが基本です。

付帯部塗装が終わったら、屋上やベランダの防水塗装を行います。

5.養生バラシ、点検、足場バラシ

塗装が終わったら養生をばらし、点検します。

足場を解体したら再点検して、塗装工事が完了です!

 

外壁のみであれば、上記の手順で10~14日ほどかかります。

ただし、補修箇所が多かったり傷み過ぎていたりする場合は、2~3日延びる可能性があるので覚えておきましょう。

紬ホームの外壁塗装の強み

弊社の外壁塗装は、仕事が丁寧なのが強みです。

「何の作業を何のためにするのか」施工前・施工中もきちんとご説明いたします。

職人任せの業者によっては、説明せず施工に入る場合があり、不安に感じるお客様が多いようです。

弊社では、工事の流れを説明し、心配事がないかしっかりヒアリングしてから施工に入ります。

補修した箇所は写真を撮ってご報告するので、不透明な作業がありません。

 

また、弊社は自社で足場を施工するため、費用が安いのが特長です。

自社で足場を施工しない業者の場合、他社に外注する分費用が高くなるので覚えておきましょう。

 

さらに、弊社は屋根と同じように外壁塗装の対応が早いのが強みです!

外壁の劣化状況によっては、放っておくのが心配な痛みもあります。

何十万もかかる塗装工事はすぐには施工できませんが、応急処置であればすぐに対応可能です。

 

応急処置のみの場合、1万円以下で施工できる場合もあります。

応急処置のみでも喜んで引き受けるので、お気軽に点検をご相談ください。

外壁の点検は紬ホームにご相談ください

「外壁が傷んできた……」「築年数が10年以上経った」という方は、お気軽に弊社にご相談ください。

外壁の劣化を放置すると、建物の中に水が侵入し雨漏りが起きてしまいます。

雨漏りが起きると外壁塗装では対応できなくなるため、費用が高額になり注意が必要です。

費用を安く抑えるためにも、早めの外壁塗装がおすすめです。

 

弊社では、無料でドローン調査を実施。その場でお客さまに映像を確認していただけるのがドローン調査の強みです。

「塗装工事できる状態か」ご説明したうえで、お客様のご要望に合わせて最適な工法をご提案いたします。

ご相談・点検・お見積もりは無料です。

当日点検・当日見積もりも可能なので、外壁塗装をご検討中の方はお気軽にこちらからご相談ください。