年中無休!点検・調査・お見積りご相談無料!

[24時間受付中]LINEで相談する [電話対応時間] 9:00~18:00 0120-000-000

多摩エリアの外壁塗装・屋根塗装:青梅市の施工事例

最新情報

■施工内容

今回ご紹介するのは、青梅市のお客様の施工事例です。

屋根塗装・外壁塗装工事を承らせていただきました。

■材質

今回のお客様のお家は、屋根がコロニアル屋根・外壁がモルタルの大きな一軒家。

割れや汚れなどの傷みが見て分かる状態だったため、屋根と外壁全体の塗料を塗り替えました。

屋根に使用した塗料は「セミフロンスーパールーフⅡ」、外壁に使用した塗料は「ファインSI」です。

「セミフロンスーパールーフⅡ」は白亜化や雨筋を防止し、長期間光沢を維持する効果があり、「ファインSI」は柔軟性があり汚れがつきにくく、湿気の影響を抑える効果があります。

塗装工事することで、見た目がきれいになるのはもちろんお家の保護機能もアップさせることができました。

■施工の流れ

実際の施工の流れをご紹介いたします。

・ドローン撮影

まずは火災保険申請をするために、ドローンによる屋根調査から始めました。

ドローン調査で撮影した実際のお写真がこちらです。

ドローンはさまざまな角度から撮影できるため、お家の細かい痛みを丁寧に確認できるのがメリットです。

ドローンの映像はモニターに接続しているので、飛ばしながらお客様と一緒に画面で確認することができます。

その場でお客様にご確認いただけるので、工事に関するご不安を減らすことができるでしょう。

・屋根

こちらはドローンとは別のカメラで撮影した施工前のお写真です。

一見普通の屋根に見えますがズームしてみると……

屋根が傷んでいるのが見えますでしょうか。

こちらのお写真では、屋根の割れが確認できます。

屋根の上に破片が落ちており、危ない状態でした。

台風などの強風で破片が屋根から落ちてしまうと、人に当たるリスクが高いです。

弊社では、屋根の上の破片はご契約をいただいたあとすぐに取るようにしています。

なぜご契約後かというと、ご契約前では屋根の上に登れないためです。

 

こちらのお家は屋根に割れがたくさんあったため、保険申請をいたしました。

強風など風災の影響と認定できれば、火災保険を申請できます。

施工中の下塗り作業は通常1回ですが、こちらの屋根は傷みが激しかったため下塗りを何度も行いました。

下塗りを繰り返して強度をしっかり回復させたあと、中塗り・上塗り作業を通常通り行いました。

・外壁

こちらが施工前の外壁のお写真です。

お写真で見ても汚れているのがお分かりになるかと思いますが、よくよく見ると割れも確認できます。お客様が見ても汚れや割れを確認できる状態でした。

このような傷みが見られる場合、一般的な業者は「下塗り→中塗り→上塗り」の3工程で塗装する傾向があります。

弊社では「傷みが激しい」と判断した場合、上記の工程にプラスしてレナフレンドの塗料を一層入れています。

レナフレンドの塗料は追従性があり下地への付着力が強いのが特長です。

下地への付着力が長期間続くため、雨漏りの侵入を防ぐことができます。

弊社ではレナフレンドの追加費用を一切いただいておりません。

これは弊社ならではの強みといえます!

 

こちらの白い箇所は飾り部分です。

劣化により剥がれているため、補修をかけました。

こちらも追加費用はいただいていないため、外壁塗装のサービス内です。

弊社では、外壁以外の劣化部分も一緒に直すのが当然だと思っています。

細かい部分までチェックしてから施工しているため、細部まできれいにメンテナンスすることが可能です。

 

こちらのお家では飾り部分の補修のほかにも、釘の浮きなども確認してからお直しています。

釘の浮きを見つけた場合は釘をすべて打ち直したり、コーキングをつけて補修をかけたりして水の侵入を防いでいます。

施工前によく発見されるのが、屋根の棟板金の釘の浮きです。

釘は築年数が経つとどうしても浮いてきてしまうもの。

寒暖差によって屋根の下地材は収縮・膨張するため、動きについていけなかった釘がどんどん浮いてきてしまうのです。下地材が劣化して釘が緩んでいったり、鉄の釘が錆びて釘穴が拡がり緩んでいったりすることもあります。

釘が浮くと板金も浮いてしまい、浮いた部分に雨水が侵入して雨漏りが発生するリスクが高いです。

釘が浮いたことで棟板金が外れて落ち、人に当たる恐れもゼロではありません。

思わぬトラブルの原因となる怖い箇所なので、弊社では注意深くチェックしています。

・外構

「外構の塗装には追加費用がかかる」とお思いのお客様が多いですが、弊社では外壁の塗料が余った場合無料で塗り替えています。

もちろんお客様に許可をいただいてから塗装するので、勝手に塗り替えることはありません。

こちらの工事でも余った外壁塗料があったため、外構部分をサービスで塗装いたしました。

ほかのお家でも余った塗料があれば、塗装工事のサービス内でできることを徹底的にやらせていただいております。

・全体のbefore&after

施工前・施工後でどう変わったか、実際のお写真で見比べてみましょう。

【Before】

【After】

新築のように外壁も屋根もきれいになりました!

こうして見比べて見ると、全然違うのが分かりますよね。

曇っている日でも、外壁と屋根がきれいなため以前に比べてお家がとても明るく見えます。

最後に

こちらのお家はとにかく大きく、一般的なお家の1.5倍はある大きさでした。

通常は1日で終わりますが、こちらのお家は大きいため足場を組むのも2日かかったほどです。

通常より工期が1日増えましたが、こちらに関して追加費用は一切いただいておりません。

弊社では、工期の長さよりもきちんと工事を終わらせるほうが重要だと考えております。

せっかく工事をするのであれば、お客様に喜んでもらえる工事がしたいからです。

 

今回のお客様は、屋根がたくさん割れていることをお客様ご自身が前々から気づいていらっしゃいました。

ただ、お仕事やご家庭のご事情でお忙しく、工事のタイミングを逃してしまっていたそうです。

屋根の劣化をお気づきの方の中には、「屋根が割れているけどすぐには雨漏りしないだろう」「今すぐメンテナンスする必要はない」とお思いになる人が少なくありません。

必要なメンテナンスを先延ばしにしていると、劣化部分から雨水が侵入し雨漏りが発生するリスクが高いです。

弊社でも、実際に雨漏りを見つけ「どうしよう!」とお問い合わせいただくことがあります。

雨漏りするほど劣化が進行してしまうと、大掛かりな工事が必要になりその分費用も高くなってしまいます。

まだ雨漏りがしていない、大きな被害には至っていない今だからこそ、早めにお手入れするのがオススメです。

 

今回はお客様のご許可をいただいて、外壁塗装・屋根塗装の事例をご紹介しました!

ご協力いただきありがとうございます。

 

弊社のその他の施工事例はこちらです。

お家のメンテナンスをご検討中の方は、是非ご参考にしてください。