年中無休!点検・調査・お見積りご相談無料!

[24時間受付中]LINEで相談する [電話対応時間] 9:00~18:00 0120-000-000

西多摩郡日の出町でカバー工法・重ね葺きするなら?紬ホームの強みをご紹介します

コラム最新情報

東京都西多摩郡日の出町から、足場工事まで自社施工で行う「外壁塗装・屋根塗装」を提供している紬ホームです。

「屋根が古くなってきたかも」「そろそろメンテナンスすべき?」と気になる方は多いのではないでしょうか?

メンテナンスには費用がかかるので、なかなか工事に踏み切れないですよね。

屋根のメンテナンス方法は複数ありますが、今回はカバー工法(重ね葺き)について詳しくご説明します。

弊社のカバー工法の特徴や施工事例もご紹介するので、業者選びにお困りの方はご参考にしてください。

カバー工法とは

カバー工法とは、既存の屋根のうえに防水シートと新しい屋根材を被せる工事のことで、重ね葺きともいいます。

既存の屋根を剥がす必要がないため、工期と費用を抑えられるのが特徴です。

「屋根にひび割れが複数ある」「雨漏りはしていないが劣化が進んでいる」場合、カバー工法で施工するのが一般的。

屋根のメンテナンス方法は劣化具合によって変わり、劣化が進むごとに「外壁塗装→カバー工法→葺き替え」と工法が複雑になっていきます。

 

色褪せや剥がれなど劣化が軽微な場合は、外壁塗装でOKです。

外壁塗装とは劣化した部分を補修して新しく塗料を塗り替える工事のことで、カバー工法のように屋根を被せる必要がありません。

屋根のメンテナンス方法のうち、最も工期が短く費用も安いのが外壁塗装です。

 

外壁の劣化が進み、雨漏りや雨染みが発生している場合は、カバー工法ではなく葺き替えでメンテナンスします。

葺き替えはもとの屋根を外して新しい屋根に交換するため、カバー工法のように既存の屋根を活かすことができません。

既存の屋根の解体費や撤去費がかかるため、外壁塗装・カバー工法に比べて費用が高くなってしまいます。

劣化が進むほどに費用は高くなるので、早めのメンテナンスが重要です。

カバー工法のメリット

カバー工法の主なメリットは、「部屋の温度が安定しやすくなる」「雨漏りリスクが減る」の2つです。

屋根材の中には断熱材が入っているため、カバー工法することで部屋の温度が安定しやすくなります。室内の温度が体感で2、3度下がる効果があるため、暑い夏も過ごしやすくなるでしょう。

また、カバー工法は屋根が二重になるため、頑丈になる分雨漏りのリスクが低くなります。

今は雨漏りしていない屋根でも、劣化を放置し続ければいずれ雨漏りしてしまいます。

雨漏りするとカバー工法では対応できず葺き替えになるので、高額な費用がかかるため注意が必要です。

もしもの事態を防ぐためにも、早めのメンテナンスをご検討ください。

弊社では梅雨前の5月、6月に多くのお問い合わせをいただいています。長雨や暑い夏に備えて、屋根の点検を依頼するのがオススメです。

カバー工法の対応可否基準

カバー工法はスレート瓦や金属瓦などほとんどの屋根で施工できます。

西多摩郡近辺のお家はスレート瓦が多く、弊社がいただいたお問い合わせのうち全体の5割はスレート瓦のお家です。

全体の3割は瓦タイプのお家ですが、瓦タイプの屋根はカバー工法できません。

「瓦屋根は耐久性が高くカバー工法のメリットが少ない」「屋根を二重にすると重量が重くなり過ぎる」などの理由がありますが、漆喰の補修などで済むのが一般的です。

また、特殊な瓦の場合もカバー工法できません。

「うちの瓦は変わっているかも?」と思う方は、匿名でもOKなのでお気軽に弊社にお問い合わせください。

LINEで写真をお送りいただければ、即日回答いたします。

 

なお、外壁塗装の場合も屋根材や屋根の状態によっては対応できない場合があります。

たとえば、パミールやコロニアルNEOといった屋根材の場合、塗装しても劣化を食い止められないため外壁塗装できません。

屋根の劣化が進んでいれば、本来なら塗装できる屋根材であっても外壁塗装できない場合があります。屋根全体にひび割れや剥がれが複数見られる場合、塗装ではなくカバー工法になるのが一般的です。

 

葺き替えの場合はすべての屋根で施工可能ですが、使える屋根材が限られる場合があります。

建物は屋根の重さに応じて設計されているため、もとの屋根よりも重い屋根材は基本的に乗せられないからです。

そのため、スレートの場合はスレートよりも重い瓦で葺き替えることはできません。

カバー工法の手順

実際のカバー工法の手順を見ていきましょう。

まずは防水シート(ルーフィング)を敷きます。防水シートは雨漏りを防ぐ大事なシートです。

次に板金類を取り付け、本体の屋根材を取り付けます。

軒先が既存の屋根よりも少し出ている場合は、上記の手順に加えて雨樋の交換が必要な場合があります。

最近の雨樋は調整可能なものもあるので、プロに判断してもらうと良いでしょう。

弊社にお問い合わせいただければ、「雨樋の交換が必要かどうか」すぐにお答えいたします。

 

カバー工法の工期はだいたい5日間ほど。屋根の大きさによっては工期が前後する場合もあります。

費用は100~200万円が目安ですが、業者によっては断熱材が入っていない安い屋根材を使うため注意が必要です。

安い屋根材かどうかは見た目だけでは分かりませんが、作業中に踏むとへこんでしまったり、せっかく塗装しても塗膜が数年で剥がれてしまったりする場合があります。

雨漏りは防げますが、100万円以上かけて見た目が悪くなる可能性があるので、信頼できる業者を選ぶのが大切です。

弊社は品質の良い材料のみを使用しているため、質の高い工事を実現できます。業者選びでお悩みの方は、是非弊社にご相談ください。

日の出町のリフォーム会社・紬ホームのカバー工法事例

弊社では、お客様から「うちの屋根は大丈夫?」とお問い合わせをいただき、施工につながることが多いです。

実際に、お問い合わせからカバー工法を施工した事例として、タビールという屋根材のお家をご紹介します。

タビールは築年数が10年くらい経つと、屋根材が剥離しはじめ塗装ができなくなるのが特徴です。

剥離を放置するといずれ穴が開いてしまうため、屋根をメンテナンスしなくてはいけません。

こちらのお家は屋根の劣化が進んでいたため葺き替えも考えていましたが、葺き替えで屋根材をすべて取り除くと費用が高額になってしまいます。

お客様のご希望をお聞きした結果、葺き替えではなくカバー工法でべニア瓦を乗せることになりました。

 

なお、築年数が20年以上経っているお家の瓦は、アスベストが入っている可能性が高いです。

アスベストが入っている屋根を撤去すると、廃材処分費として30~40万円ほどかかる恐れがあります。

費用を抑えるためには、葺き替えにせずカバー工法で屋根を被せるのがオススメです。

日の出町のリフォーム会社・紬ホームのカバー工法の強み

弊社はお客様が安心できる屋根材を選んで使用しているため、質の高い工事が可能です。

「剥がれにくいか」「断熱材が入っているか」「丈夫か」「軽いか」チェックしたうえで、お客様のお家に合った屋根材を選んでいます。

足場から自社で施工するため、他社施工の業者に比べて費用を安く抑えられます。

 

昨今の気象状況により屋根屋さんは引っ張りだこですが、弊社は他社のようにお客様を何カ月もお待たせすることがありません。

屋根が悪くなると、「何カ月もこのままで大丈夫?」と心配になるもの。

弊社には職人が多数在籍しているため、応急処置から工事まですぐに対応可能です。

タイミングが合えば、お問い合わせの翌週には工事に入ることもできます。

対応エリアのお家であれば、迅速に駆けつけるのでご安心ください。

 

弊社の対応エリアは、「あきる野市・青梅市・羽村市・福生市・八王子市・東大和市・武蔵村山市」の7つの市です。

対応が早いだけでなく、弊社の職人は地元在住が多いため、コミュニケーションがとりやすいといえるでしょう。

カバー工法をご検討の方は紬ホームにお任せください

弊社はお客様のお家の状態を判断したうえで、適切な工事をご提案いたします。

お客様のご予算やご希望を重視するので、高額な工事を不必要に押し売りすることはありません。

屋根は見えない部分のため、業者に不安を覚える方も多いと思います。

弊社は無料のドローン調査を行っているため、お客様に直接屋根の状態を確認してもらうことが可能です。

「どんな工事が何のために必要か」きちんと説明いたしますし、各工程は写真に撮ってお客様にご報告しています。

近隣へのご挨拶や生活スタイルに合わせた工事時間の調整も可能です。工事に関するストレスを減らせるよう、お客様への気配りを徹底しています。

弊社のお問い合わせ窓口はこちらです。

「屋根が色褪せてきた」「築年数が経って劣化が心配……」という方は、お気軽に弊社にご相談ください。