年中無休!点検・調査・お見積りご相談無料!

[24時間受付中]LINEで相談する [電話対応時間] 9:00~18:00 0120-000-000

多摩エリアの日の出町でドローン調査を依頼するなら?紬ホームにおまかせ!

コラム

東京都西多摩郡日の出町から、足場工事まで自社施工で行う外壁塗装・屋根塗装を提供している紬ホームです。

みなさんは「ドローン調査」という言葉を聞いたことがありますか。

建物の外壁などを、ドローンを飛ばして赤外線カメラなどによって撮影し、不具合や劣化などを調査する方法です。

しかし、ドローン調査は「超高層マンションの上層階を調査するもの」「ドローンの安全性に不安を感じる」といったイメージを持っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、多摩エリアの日の出町で一戸建て住宅にお住まいのみなさんにとって、リフォームのためにドローンによる事前調査をおすすめする理由について、ご紹介していきます。

ドローン調査とは?

 

建物の劣化状況や、肉眼では確認できない不具合などを調査するため、従来は足場を組んで調査員が打診棒などで壁面を打診して、その打音の高低などで外壁の浮きがあるかどうかを調査する方法が一般的でした。

しかし、この打診による調査は足場やゴンドラが必要となり、特に高層ビルの調査には多額な費用と時間がかかります。

さらに、調査員の落下などといった事故のリスクも伴います。

そういったリスクの回避やコスト削減を目的として、ドローンを利用した調査が普及してきました。

高性能なカメラを搭載し、建物から離れた場所で安全に外壁などを調査できるドローン調査は、危険が伴う高所での調査を可能にするとともに、仮設の足場を組む従来の調査よりも早く、低コストで行うことができます。

これまで高層ビルやマンションなどの調査にドローンが投入されることが多かったのですが、最近では一戸建て住宅の調査にも使われることが増えています。

ドローン調査のメリット・デメリット

 

それでは、一戸建て住宅でもドローン調査を利用したほうがよいメリットと、注意しなければならない点について解説していきます。

ドローン調査のメリット

・調査のコストを抑えることができる
ドローンによる調査は足場を組む必要がないため、施工費などを減らすことが可能です。
また、高所作業によるゴンドラなどの手配も不要なので、調査コストの抑制に大きな効果があります。

・調査を早く終えることができる
これまでの打診による調査では、事前に足場を組んでから行われるため、施工のためのスケジュールが必要でした。
ドローン調査なら、建物の外壁に沿ってドローンを飛ばすだけなので、調査に時間がかからないのが大きなメリットです。
ちなみに、ドローン調査では30分程度で作業自体は終了します。

・高い精度の調査が可能
特に一戸建て住宅では、足場を組まなければ調査できなかった屋根などの診断も、ドローンなら目視より近い場所で調査が可能なため、より精度の高い診断が可能です。

・調査作業の危険性が減る
打診による高所の調査では、調査員の落下などといったリスクがありました。
ドローン調査では、地上からリモートコントロールによる操作で調査を行います。
当然、作業員の落下リスクはほとんどありません。

ドローン調査のデメリット

・その天候によって調査できないことも…
ドローンは空を飛ぶ機械のため、強風や激しい雨の日には調査スケジュールを変更しなければなりません。
特に赤外線カメラを使用した外壁調査では、気温が上昇すると正確な不具合を調査することが難しいため、複数日のスケジュールを押さえておく必要が生じます。

・場所によってはドローンを飛ばすことができない
建物が密集した商業地のビルなど、隣接するビルが近すぎるとドローンを安全に飛ばすことができません。
また、国の重要施設などの周辺もドローンを飛ばすことは許可されていないため、調査ができないケースもあります。
ただ、一戸建て住宅では、ほとんどそういった問題は発生しないので、ご安心ください。

ドローン調査を依頼する際に注意する点は?

 

火災や自然災害などで住居に大きな被害を受けた場合、火災保険が適用になります。

建物を修繕するために行うドローン調査の費用にも、火災保険が下りる可能性があります。

ただ、ここで注意しておきたいのは調査会社によっては火災保険が下りた場合の成功報酬を請求されるケースがあることです。

会社によっては、なんと成功報酬として30%も請求されることもあります。

なお、多摩エリアの日の出町でドローン調査を行う紬ホームでは、こうした火災保険が下りた際の成功報酬は、一切いただいておりません。

このように、ドローン調査でコストを削減しても不要な支出が出てしまっては意味がありませんので、調査依頼をご検討の際は、火災保険の成功報酬が必要かどうか確認することをおすすめします。

ドローン調査の事例

 

紬ホームでドローン調査を行った事例についてのエピソードをお話します。

ある一戸建て住宅の個人のお客様宅で、事前のドローン調査を行いました。

撮影中は特に問題なく、滞りなくスムーズにドローンによる調査は終了しました。

しかし、調査員が会社に戻ってドローン調査の映像をPCで確認したところ、コロニアル屋根の割れを発見しました。

割れの発生した箇所は、通常の点検では発見することが難しい部分で、ドローン映像をズームすることで確認できました。

このように、ドローン調査では従来の点検よりも手軽に不具合を確認することが可能で、しかも細部にわたって行えるため、従来の調査よりも高い精度ということがわかります。

なお、こちらのお客様は、この不具合により火災保険の申請を行われました。

紬ホームのドローン調査について

多摩エリアの日の出町で外装リフォーム工事などを手がける紬ホームでは、一戸建て住宅のお客様にもご安心いただける、高い安全性を誇るドローン調査を行っています。

使用するドローンは小型のもので、隣家との距離が近い住宅や塀に囲まれた住宅でも、細かいところまで入っていくため、細部までしっかりと調査を行います。

また、ドローンの操作は腕利きの操縦士が担当しますので、安全性や高い作業精度の点検が可能です。

万が一、ドローンが落下してお客様の車などに傷がついたというときでも、弊社ではドローンに保険をかけているため、問題ありません。

なお、紬ホームの営業社員は全員がドローン操作の資格を持っており、会社の敷地内に足場が立っているため、これを利用して空き時間に操縦の練習を行っています。

そしてお客様がご希望すれば、動画撮影を一緒に確認しながら行えるのが大きな特徴です。

また、前述のとおり、ドローン点検では火災保険が下りる可能性があるのですが、その申請に必要な撮影データは紬ホームで厳重に管理していますので、必要な際にはすぐにお渡しが可能です。

紬ホームでは、多摩エリアの日の出町を中心に、近隣市町でドローン調査のご依頼をお受けしております。

個人の一戸建て住宅はもちろん、マンションや工場、プレハブなど、法人様のご依頼もお気軽に紬ホームへご相談ください!

紬ホームはアフターフォローを含め、お客様一軒一軒と長いお付き合いを目指している多摩エリアの日の出町のリフォーム会社です。

お住まいのお悩みやご相談を気軽にお話いただけるようなフォロー体制づくり、お客様との関係づくりを心がけています。

そのため、広範囲に営業エリアを広げるのではなく、すぐに駆けつけることが可能な多摩エリアの日の出町周辺に限定することで、きちんとご満足いただけるサービスで地域に寄り添っています。

雨漏りなど緊急のご相談もお気軽にご連絡いただけますと幸いです。

即日のドローン調査も可能です。

屋根・外壁のドローン点検/調査、お問合せはこちら。

    ご住所