年中無休!点検・調査・お見積りご相談無料!

[24時間受付中]LINEで相談する [電話対応時間] 9:00~18:00 0120-000-000

【雨漏り事例】雨漏り補修に強い、日の出町のリフォーム会社

お知らせコラム

東京都西多摩郡日の出町から、足場工事まで自社施工で行う外壁塗装・屋根塗装を提供している紬ホームです。紬ホームでは外壁塗装・屋根塗装から内装のリフォームまで、地域の皆さまへ快適な暮らしをご提供しています。

どんな建物も歳月が経てば、どこかしら劣化してきます。雨漏りもその一つです。しかし、どこから雨漏りが起きているか、どんな補修をすればいいのかは素人目には判断が付かないでしょう。

そこで今回は雨漏りが起こった時に自分で出来る対処法から、弊社で行う点検や補修方法などについて紹介していきたいと思います。

雨漏りが起こった時の応急処置対応

.
雨漏りはある日突然起こりますが、多くは雨が降っている最中に起こります。しかし、雨漏れに気付いたのが真夜中であったり、対応できる家人が忙しかったりして補修業者を今すぐ呼べない状況も多々あります。この場合、まずは応急処置をしてしのぐのも一つの手です。

具体的には、雨漏りの量によりますが、水滴が少しずつ垂れてくるのであれば、お年寄りの使う介護用のおむつなどを当てがう、あるいはバケツで水を受ける方法などが挙げられます。

しかし、あくまで応急処置なので、雨漏れが起きるたびにその方法で対応するのは得策とは言えません。

雨漏りは経年劣化で家の内部に出来た亀裂や、建物のつなぎ目のシーリングや漆喰の劣化、屋根瓦の破損などによる雨水の侵入のことを指します。つまり今後ちょっとした揺れや刺激で建物の倒壊や建物の部品の剥落を引き起こす前触れとも言えます。そういった事態を引き起こす前に、雨漏りが判明したらいち早くお近くの修理業者に相談し、修繕しましょう。

雨漏り調査の難しさ


実は雨漏りというのは、どこを入り口として水が侵入しているのか、お客様が依頼する段階では原因不明なケースがほとんどです。

屋根瓦の損壊であれば100%雨漏りしますし、原因も明瞭に見て取れます。一方で、建物の棟の漆喰や外壁タイル間に打ち込まれたシーリングの痩せもありますし、塗料剥がれや、ベランダなどの防水槽の浮き、ヒビ割れによる雨漏りもあります。それらを一見して判断するのは困難です。

かといって、屋根を点検する目的で屋根に乗れば、屋根瓦を踏み抜く、またはヒビ割れを引き起こしかねません。そういったうかつな点検は状況の悪化を招きます。

そこで弊社ではドローンによる目視と赤外線センサーによる温度差チェックを行っています。何種類もの建物の構造と建物に応じた入水経路を熟知している経験豊富なアドバイザーが現場に伺います。これらにより、目視では把握しきれない侵入口をピックアップすることができるのです。

さらに、ドローンでの調査料は無料です。弊社のある地元、日の出町にある建物でのご依頼であれば、最速1時間で迅速に駆けつけることが可能です。さらに商工会に入っているため、修繕時にも補助金が出ます。何より、リフォーム瑕疵保険にも登録しているため、万が一リフォーム時にトラブルが起きても、負担費用が大幅に軽減されます。

考えられる補修方法パターン


雨漏りは入水経路や状態によって補修、工事方法が異なります。

・窓のサッシ周辺で雨漏りの場合

窓のサッシ自体は意外と最初の段階で防水処理がしっかりされている部分です。一方、外壁は地震などの負荷が窓枠の角部分にかかりやすいと言われています。その結果、サッシ周りの外壁塗料が剥がれたり、タイルのヒビ割れを起こしたりする場合があります。それが窓のサッシ周辺で雨漏りが起きる主な理由です。

補修内容ですが、壁のヒビ割れが原因であれば専用のモルタルやパテなどで埋めた上からトップコートや塗料を塗ります。タイルのヒビ割れが原因であれば、タイルの張り替えを行います。壁と窓枠間のコーキングが痩せているのであれば、コーキングの打ち替えを行います。

ちなみに、弊社ではトップコート仕上げはサービス仕様です。

・バルコニーで雨漏りの場合

バルコニーやベランダの場合、排水溝のドレーンが詰まりを起こしていたり、周辺でヒビ割れを起こしていたりすること雨漏りの主な原因です。他には、防水槽が割れていること、またはウレタン製の防水シートが膨れや破れを起こしていること、さらにタイル地のバルコニーであれば、目地のコーキングが痩せて劣化していることなどが原因として挙げられます。

補修内容としては、ドレーンが原因であれば、ドレーンの交換または洗浄をします。周辺でヒビ割れを起こしているならば、パテやモルタルなどで補修します。防水槽が割れているのならば、防水槽を作り直します。防水シートの膨れや破れによるものなら、ウレタン製の防水シートを貼り直します。タイル地の目地の劣化によるものなら、コーキングを打ち直します。

・屋根で雨漏りの場合

屋根に雨水の侵入経路となる入り口がある場合も原因はさまざまです。和瓦・洋瓦を問わず瓦の割れが原因であった場合、雨漏りは100%起こります。しかし瓦自体は丈夫なので、台風で物がぶつかった、あるいは地震の揺れによる衝撃、または人が屋根に乗って踏み抜いたなどの理由でなければ損壊することはまずありません。

そのため、屋根と屋根のつなぎ目である漆喰が解けていたことや、屋根の頂上をカバーする部分の杭が外れていたことが主な原因として考えられます。

補修内容としては、屋根瓦が原因であれば、屋根瓦の差し替え、カバー工法、塗装のし直しなどが挙げられます。屋根の葺き替えは最終手段です。漆喰が原因であれば、漆喰を再び填入します。また、屋根の杭などが抜けているのであれば、改めて打ち直します。

事例紹介

ここで弊社の雨漏修繕事例をご紹介します。

【事例:ベランダの下からの雨漏り】

画像1枚目を見ての通り、白みがかった軒天井と外壁に穴が空いています。

-考えられる要因-

・外壁にヒビ割れがあり、下から漏れている

・笠木のコーティングが痩せている(下記画像参照)

-修繕内容-

・外壁のヒビ割れ補修

・笠木の手すりを壁に打ち込んでいる部分のコーキングの打ち直し

・浸水経路である軒天井の張り替え

・軒天井の防水補修(FRP塗布とコーキング処理)

ひとえに軒天井から雨漏りしているといっても原因は多岐にわたります。そこで調査の段階で軒天井を剥がし、浸水経路を調べました。すると3点ほど水が染みている場所があったため、そこを張り替えて、防水処理しました。

ベランダの雨漏りは放置した場合、大変危険です。床が落ちるどころかベランダごと崩壊する恐れがあります。

また、ベランダがせり出すタイプであれば問題ありませんが、部屋の床より上にあるタイプのものであれば、近い内に屋内にまで雨水が侵入してくる恐れがあります。

繰り返しになりますが、雨漏りの放置は家屋に甚大な被害をもたらすリスクがあります。少しでも雨水が漏れていることに気付いたら早めに専門業者に相談と調査を依頼しましょう。

紬ホームは相談から施工まで、自社一貫体制でお待ちしております。

あきる野市の屋根外壁リフォーム
弊社、紬ホームは日の出町にあるお住まいの補修であれば、迅速に対応が可能です。それをはじめとして、さまざまな対応力を誇っています。
・足場工事から自社施工でコストダウン

一般的な業者では、足場を分離外注しています。そのため、足場を設ける会社と修繕を行う会社で別途に費用を負担しなくてはいけません。

一方、弊社では足場工事から一貫して自社施工のため、コストダウンを図ることができます。

・営業・施工管理・職人の一貫体制

会社によってはお客様からご希望を伺う担当営業が現場の職人たちと情報の共有が出来ていないケースが多々あります。

弊社、紬ホームでは、担当営業と職人たちとの間で朝となく夕となく、毎日、事前にお客様の要望はじめ大事な情報を共有します。

・地元密着型だからこそ提案できる塗装プラン

日の出町には集合住宅地もあれば、山間部や林の多い地域もあります。建物は地域特性によって劣化の仕方も変わります。丘の上であれば紫外線が強かったり、風による乾燥が強かったりします。山側であれば朝霞などによるカビ・藻の発生も他より多いものとなります。

そうした地域特性に合わせて塗料の種類も防カビ性や防藻性が高いもの、断熱性の高いもの、乾燥に強いものなどを各種ご用意し、最適なものを提案いたします。

ぜひ、お住まいにお悩みをお持ちであれば、お気軽に紬ホームにご相談ください