年中無休!点検・調査・お見積りご相談無料!

[24時間受付中]LINEで相談する [電話対応時間] 9:00~18:00 0120-000-000

屋根の葺き替え工事はいつしよう?西多摩郡日の出町のリフォーム会社にお任せ!

お知らせコラム外構エクステリア

屋根の葺き替え工事はいつしよう?西多摩郡日の出町のリフォーム会社にお任せ!

東京都西多摩郡日の出町から、足場工事まで自社施工で行う外壁塗装・屋根塗装を提供している紬ホームです。紬ホームでは外壁塗装・屋根塗装から内装のリフォームまで、地域の皆さまへ快適な暮らしをご提供しています。

屋根はお家の美観を担うほか、雨や紫外線から家を守ってくれる大事な存在ですが、実際に登って目で確認しない限り、経年劣化を確認しづらい特徴も持っています。

本日は「屋根の葺き替え・補修」に関して、屋根の種類・補修の種類に費用、最近のトレンド、点検方法までを一挙ご紹介します。

屋根の葺き替え工事はいつしよう?西多摩郡日の出町のリフォーム会社にお任せ!
【1】

■屋根の種類、屋根瓦の種類を確認!

まず、お家の屋根の種類に関して知識を深めていきましょう。
「屋根瓦」だって、1種類ではありません。瓦本体を形成する素材から、特徴も様々であるのです。

【粘土瓦】

日本で最も一般的な瓦と言われています。粘土室の土を瓦の形にし、高温で焼成したものです。古来より、日本の多湿な風土に適しているとして用いられてきた瓦になります。耐久性や遮音性にも優れているため、雨音などが気になりません。

ただし、他の屋根材に比べて重い瓦です。そのため、建物全体にかかる負荷が大きくなり、耐震性の面では問題があります。なお、粘土瓦は2種類あり、『釉薬瓦(ゆうやくがわら)』と『無釉薬瓦(むゆうやくがわら)』に分類されます。

【釉薬瓦】

粘土瓦を成形した際に、ガラスの素を含む釉薬を塗布し、焼成した瓦のことです。色に奥行きが出て、艶が現れます。

釉薬瓦は耐水性に優れ、色褪せもしにくい特徴があります。

【無釉薬瓦】

古くからある城や寺社などで多く用いられている瓦です。いぶし瓦・素焼き瓦・練込瓦・窯変瓦といった種類がある中で、多くは「いぶし瓦」と「素焼き瓦」が用いられています。

無釉薬瓦は製法により独特の色合いを持つ一方、高い耐久力という特徴があります。

【セメント瓦・コンクリート瓦】

『セメント瓦』や『コンクリート瓦』は水や砂を主原料とした瓦です。
一般的には塗装により色付けをされていますが、セメント自体に顔料を混ぜて色付けされているタイプの瓦もあります。

色やデザインが豊富で、粘度瓦よりも寸法に狂いが少ないため、施工が容易です。

ただし重さがあり、粘度瓦と比較した時に地震の際の耐久力が劣るため、現在ではあまり製造されていません。そのため、部分的な交換を希望しても瓦自体の在庫が無い恐れがあります。残念ですがその場合、別の屋根材に葺き替える方がおすすめです。

【スレート】

粘板岩を薄い板状に加工した瓦です。粘板岩を素材としたものは『天然スレート』と呼ばれ、青黒色で独特の模様が入っているのが特徴です。こちらは高価ということもあり、日本ではあまり普及していません。

現在の日本の屋根材では『化粧スレート』が主流です。
化粧スレートはセメントに繊維素材を混ぜて薄い板状に加工したものになります。カラーバリエーションが豊富なため、外壁の色にも合わせやすいのが特徴です。さらに、形状も平板や波型といったものがあり、デザイン性も高いという特徴があります。

何より、重量が軽いため、耐震性が高いのが特徴です。そして価格が安く、施工できる業者が多いほど普及率も高いので修繕がしやすいというメリットがあります。

【ガルバリウム鋼板】

金属の屋根材では今、最も人気な素材です。
金属でありながら錆びにくく、防水性の高さに期待が持てます。
上の化粧スレート同様、軽量で耐震性に優れていますし、何よりメンテナンスに気を揉む必要が減る、ことが人気の理由です・

屋根の葺き替え工事はいつしよう?西多摩郡日の出町のリフォーム会社にお任せ!
【2】

■屋根の「葺き替え」って何?必要なケースとは?

「屋根の葺き替え(ふきかえ)」とは古い屋根を取り除き、全く新しい屋根にしてしまう工事のことを指すことばです。
実のところ、屋根の劣化はほとんどのケース「補修」で済ませることができます。
葺き替え工事は屋根に対して行える”最後の手段”でもあるのですが……どのような場合に葺き替え工事が必要とされるでしょうか。

【雨水が屋内に染み込む、雨漏りをする】

屋根には屋根瓦のつなぎや、棟に塗り込まれた漆喰があります。これが経年劣化により崩れやヒビ割れを引き起こしている場合は危険です。

雨水がそこから染み込み、屋根の軒板や屋内の梁、柱などを腐食させてしまう恐れがあるからです。腐食が進むと、地震による揺れの衝撃などで家屋が倒壊しやすくなります。深刻な雨漏りを長期間放置していると、屋根の「軒板」まで腐っていることもあります。

【屋根瓦が割れている】

和瓦や洋瓦において、屋根瓦の割れや欠けは、100%雨漏りにつながります。ちなみにスレート瓦の割れは板状の瓦のため、差し替えるだけで補修が完了します。

【塗装ができないほど表面が荒れている】

経年劣化により、屋根の表面がボソボソになり再塗装できないほど劣化していることがあります。そうした場合、屋根を再塗装して保護し直すのは大変困難です。

【職人が乗ると屋根瓦が割れる】

和瓦をはじめ、瓦は本来丈夫なものです。ちょっとやそっと荷重がかかったくらいではびくともしません。しかし、深刻な経年劣化により脆く砕けやすくなります。そのため、人が乗っただけで割れるような屋根瓦の場合は屋根の葺き替えが必要です。

「ほとんどのケース補修で済ますことができる」と書いたのは、屋根の葺き替えは、お客様にも目に見えた劣化が確認できるほど深刻な劣化に対し、行われる工事であることがお分かりいただけるでしょう。

屋根の葺き替え工事はいつしよう?西多摩郡日の出町のリフォーム会社にお任せ!
【3】

■葺き替えを必要としない「カバー工法」

屋根 ドローン 調査 点検

それでは「補修」屋根の補修とは?
「重ね葺き」とも呼ばれる「カバー工法」です。
既存の屋根の上に防水シートを敷き、その上に新しい屋根材を載せていくカバー工法は、スレートや軽量金属屋根など、平板の屋根材の上から行う補修。
屋根を取り替えるのではなく、もとの屋根を”活かす”ワケです。

たとえば劣化が「屋根が割れていて雨漏りの一歩手前」であれば「屋根塗装」なども補修の選択肢に入ってきますが、「下地表面が荒れていて、塗装が上手く行かない」場合などにカバー工法は重宝されます。

カバー工法の注意点

既存のスレート屋根が2004年以前に製造されたものの場合、人体に深刻な悪影響を与える『アスベスト(石綿)』を含有している可能性があります。この場合、屋根材の処分費が別途にかかるケースもあるのでご注意ください。

屋根の葺き替えと違い、元の屋根を活かした工法であるため、カバー工法は短期間かつ低コストでリフォームできる修繕方法として人気です。

 

パミールの屋根も「カバー工法」で修繕可能

パミールの屋根の場合も、軒板に腐食が見られなければカバー工法で修繕できます。

パミールとは、ニチハが製造していた屋根材のこと。ひび割れや剥がれが起きやすい素材で、現在は製造が中止されています。

パミール屋根は性質上劣化が起こりやすいため、築年数が経ったお家はメンテナンスが必要です。劣化を放置していると、雨漏りのリスクが高くなってしまいます。

 

弊社では、パミールの屋根の上にガルバリウム鋼板を載せ、カバー工法で補修することをおすすめしています。

ガルバリウム鋼板は合金でメッキされた鉄のことで、耐久性が高いのが特長です。

中にウレタンフォームが入っているため、断熱性・遮音性にも優れます。

屋根の見た目だけでなく、耐久性・断熱性・遮音性というプラスアルファの効果があるため、補修することで長く・安心して暮らせるようになるでしょう。

屋根の葺き替え工事はいつしよう?西多摩郡日の出町のリフォーム会社にお任せ!
【4】

■ 葺き替え工事の費用を確認!見るポイントは屋根の種類

それでは葺き替えにかかる費用をご紹介していきます。

屋根修繕の費用は「撤去」と「施工」、大きくこの2つから構成されており、大きく「施工を予定している屋根材」と「平米数」によって変動します。
以下に一般的な家庭の屋根を「60平米」として費用の概算を掲載します。

「瓦」から「瓦」のケース 300万円前後

「瓦」から「スレート」のケース120万円から200万円前後>

「瓦」から「ガルバリウム」のケース150万円から200万円前後

「スレート」から「スレート」のケース100〜150万円 前後

「スレート」から「ガルバリウム」のケース 100〜150万円 前後

「セメント瓦」から「瓦」のケース 200〜300万円 前後

「セメント瓦」から「スレート」のケース 150〜200万円 前後

「セメント瓦」から「ガルバリウム」のケース 120〜200万円 前後

「セメント瓦」から「瓦」のケース 250万円 前後……

施工費用の内訳を見ていきましょう。
・撤去費用に「20万円」前後(既存の屋根材にもよります)
・下地補修費に「5万円〜10万円」
・実際の施工費に「9000円〜1万3000円」(平米単価)
・防水シートに「1500円〜2500円」

また、屋根に登るための足場を組む「足場費用」も工事には含まれます。
通常は「15万円」前後ですが、弊社は「12万円」前後で提供することが可能です。

また、上にも書いた「アスベスト処理費」は、立米(りゅうべえ)、1立方あたり「6万円」を目安にしていただければと思います。

屋根の葺き替え工事はいつしよう?西多摩郡日の出町のリフォーム会社にお任せ!
【5】

■紬ホームの足場費用が安い理由とは?安全性の高さにも注目!

弊社の足場費用が安いのは、「自社で持つ足場」を「自社の社員が」組み立てるからです。

安いだけでなく安全性も高いため、質の高い工事を実現できます。

弊社の足場の画像はこちらです。

塗装業者の多くは、自社で足場工事を行いません。他社に外注すれば、その分足場費用が高くなるので覚えておきましょう。

中には自社で足場を持ち、自社で組み立てる塗装業者もいますが、安全性には注意が必要です。

業者によっては単管足場という危険な足場を組み、高い費用を請求している場合があります。

実際の単管足場の画像はこちらです。

単管足場とは、鉄パイプと鉄パイプを、クランプと呼ばれる金具に噛み合わせ、ボルトで繋いだ足場のこと。

作業床となる踏板がないため、職人はパイプの上に乗って作業しなければなりません。

不安定な足場ではきれいに塗装できませんし、事故が起きるリスクも高くなります。

そもそも、踏板のない単管足場を使用するのは違法です。

 

多くの業者は、コストを削減して利益を生むために単管足場を使用しています。

単管足場で踏板がある足場と同じくらいの費用をとり、浮いた分を利益として儲けるためです。

「1棟30万円」などで仕事を請け負う個人の塗装職人の場合、やむを得ず単管足場を組む事情も考えられます。

しかし、危険度の高い足場で高い費用をとるのは、弊社としては賛成できません。

 

同じ値段でも踏板のある・なしによって、安全性と仕上がりの品質には大きな差が生まれます。

高品質な外壁修繕を低価格で依頼したい方は、足場工事から施工する弊社にご相談ください。

屋根の葺き替え工事はいつしよう?西多摩郡日の出町のリフォーム会社にお任せ!
【6】

■ 「ガルバリウム鋼板」に人気が集まる理由は?

屋根材によって細かに費用が違うことがお分かりいただけたと思います。
既存の屋根材の種類がなんであれ、今人気が高いのは「ガルバリウム鋼板」への葺き替えであることも覚えておいて損はありません。

まず、上記の通り、安価であることに人気が集まります。
その上で、塗装の必要性が他の屋根材に比べて”グッ”と低くなることも特徴です。

たとえば、スレートが7〜8年に1度塗装のメンテナンスが必要なのに対し、ガルバリウム鋼板は20年とおよそ”倍以上”メンテナンスを放置しておくことが可能。長期的に見た時にメンテナンス費用までも削減できることに強みを持っているのです。

また、その名前のイメージに反してガルバリウム鋼板は軽量であることが特徴、実はスレート屋根よりも軽いのです。

屋根の葺き替え工事はいつしよう?西多摩郡日の出町のリフォーム会社にお任せ!
【7】

■ 実際の日の出町での施工事例を2つ紹介

100聞は1見にしかず……
弊社が施工した屋根の葺き替え工事の施工例を2つ掲載します。

【Before】

【After】

こちらは築年数15年、100平米のお家です。
施工期間1週間程度で、スレート屋根からガルバリウムへの葺き替え工事を行いました。

補修でなく、葺き替えをご決断された理由は老朽化が進んでおり、”割れ”を散見することができたから。
補修では”その場凌ぎ”にしかならず、雨漏りが懸念されていたからです。

【Before】

【After】

こちらのお家も築15年ほど、130平米ほどのお家です。
前の例と同じで、スレートの割れが酷く、ガルバリウムへの葺き替えを行いました。

工事には10日程度を必要としました。

屋根の葺き替え工事はいつしよう?西多摩郡日の出町のリフォーム会社にお任せ!
【8】

屋根の状態によっては、葺き替えではなく塗装工事で補修可能です。

弊社が塗装工事した施行例をこちらでご確認ください。

【Before】

【After】

こちらは築年数15年のお家です。

表面に苔とカビが発生し、経年劣化によりひび割れが起きていました。

屋根が反り返ったことで、水の通り道もできています。

この状態を放置すると屋根が割れる恐れがあるため、メンテナンスが必要です。

こちらのお家は雨漏りが発生していなかったため、太陽光パネルを外し、ひび割れの補修と塗装で対応することができました。

屋根の葺き替え工事はいつしよう?西多摩郡日の出町のリフォーム会社にお任せ!
【9】

■ 突然の訪問営業で屋根の葺き替えを勧められるのは要注意

雨漏りの原因が屋根にあったとしても、安易に屋根の葺き替えを勧めてくる業者や、いきなり訪問営業で屋根の葺き替えを勧めてくる業者には注意が必要です。

多くの場合は屋根の葺き替えまでせずとも、部分補修や再塗装などで修繕が済むためです。

そのため、弊社では葺き替えを安易に勧めることはいたしません。しかし、葺き替えの判断をお求めであれば、必要な点検を着実にさせていただきます。

調査点検方法はドローンがおすすめな理由

屋根 ドローン 調査 点検

弊社ではドローンによる完全無料点検を実施しています。屋根や外壁の点検において、生身での調査には限界があるためです。

・ドローン調査とは?

弊社が完全無料で行う、ドローンを用いた建物の調査や点検方法です。

ドローン調査であれば、滞空して屋根や外壁の写真を撮影し手元でお客様と一緒に映像を確認できるためお住まいを傷つける恐れもありません。

また、ドローン調査であれば小さな機体だけが入っていくので、狭い箇所であってもより細やかな調査と均等な撮影が可能です。万が一、ドローンでも入れないような隙間であっても、ドローンには高解像度のカメラが搭載されているため、遠方の画像であってもズームで解析が可能です。

もちろん、腕利きかつ専門の操縦士がドローンを操縦しています。そのため、安全性や作業精度が高い点検ができ、ご希望があれば動画をお録りし、お客様と一緒に確認できるのが大きな特徴です。

・屋根の点検を考えた際の限界

屋根の上では経年劣化だけでなく、台風や大雪などにより、屋根瓦の欠け落ちや雨漏りなどが起こり始めているケースもあります。そういった屋根は場合によっては柱や瓦も脆くなっている恐れもあります。人が上ることで踏み抜いたり、ヒビ割れを引き起こしかねません。

それは例え熟練の調査員が相手であっても危険性は同様です。屋根の劣化次第ではどのような事故が起きるか分かりません。元々人が立ち入る場所では無いからこそ、誰が踏み込んでも危険性は大きいです。

・外壁点検を考える際の限界

住宅街の中で隣家との距離が近い家や塀に囲まれた家では細かいところまで点検をすることが大変です。

・お客様のご心配の軽減

また、お客様からは屋根の上が見えないため調査員が何をしているのかがわからないといった不安の声をお聞きします。調査内容や実際の結果が自分の目で確認できないからこそ、何か不要な工事を過剰に求められるのではないかとご心配されるケースも珍しくありません。そういったリスクを回避するのがドローン調査です。

屋根の葺き替え工事はいつしよう?西多摩郡日の出町のリフォーム会社にお任せ!
【10】

■ご相談から施工管理まで一人の社員が一貫して担当

弊社では、監督・施工管理者の小湊が、お客様のご希望を丁寧にヒアリングいたします。

屋根 調査 ドローン 点検

小湊は現在47歳。

30歳で建築業界に入る前は、自衛隊として勤務したほか、新聞販売店で営業や店長としても活躍してきました。

建築業界では塗装会社や大手リフォーム会社で営業として経験を積み、支店長を務めた経験もあります。

得意な分野は塗装で、これまでに2500軒以上の工事を担当してきたベテランです。

材料への知識に加え、家の経過を見てきた経験も豊富にあるため、お家の状況を的確に判断できます。

お家の状況・お客様のお話をもとに、ご希望に合った提案が可能です。

「お客様の理想の家」を目指し、スタッフ間で日々情報を共有するため、「最初の話と違う…」という不満が起きる心配がありません。

ドローンによる無料調査も行っているので、お住まいの困ったことはお気軽に弊社にご相談ください。

■ お客様の意見を第一に最善のご提案をします

冒頭でも書きましたが、屋根はその劣化を普段確認する機会はありません。
その上で築年数や日照条件など複合的な理由より、ダメージの具合もお家によって様々であります。

本日は施工例として履き替え工事をご紹介しましたが、弊社は、ご要望がない限り無理に葺き替えを工事を無理に推奨するわけではありません。
痛みの具合を見た後、適切な処置方法をご提案させていただきます。

塗装で十分に補修ができる屋根に対し、高い金額を払う必要はありません。
日の出町に”密着する”リフォーム会社であるため、お客様の経済状況含め、どこまでも親身になることは、弊社に求められている価値でもあります。

屋根の修繕でお困りの方はぜひ一度紬ホームにご相談ください!
ご自宅の屋根の状態を丁寧に調査し、適切な施工をご提案いたします。